「夏」を読んでみました

もうすぐ「立夏」になります。何かが変わる季節で、夏の正式な始まりですね。
「夏」と言う漢字は「大きい」を意味していて、春に播種された植物が大きく成長したことを表しているそうですね。
コトダマで「夏」という言葉をひも解くと、ナ=ナノ粒子のナ。七色のナなどなど、潜象界の中心的なエネルギーを意味しています。
そして、ツ=現象界と、潜象界が繋がって完成するような様子を表しています。
つまり、ナツという言葉の響きは、気や、生命エネルギーというものが、現実的に季節という形を通して現れて
く様子を表しているのです。
夏に向かって私たちのカラダも、この季節の影響を受けて、天気とともに新陳代謝が加速して行きます。
心臓、脳、内臓がたくさん血液を必要とするのですね。
血液が不足すると、ストレスが溜まりやすく、イライラや、怠惰、やる気を失いやすくなることも・・
こんなとき、食事は心臓、循環器系を補うことが重要で、脂っこいものや、辛いものはNGなのです。
カラダに良い食材は、この季節に実った新ものを食べるのが一番良いのです。
自然界がくださった豊かな恵みに感謝することで、さらに心身のバランスが整って行きますよ。




BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. 病は気から…カタカムナで読む気と病の関係

  2. カタカムナで「後悔」を紐解く

  3. 胃腸をいたわるコトダマ食事法

  4. 柿の葉茶を読む

  5. カタカムナ占いで判ること

  6. カタカムナ占いと般若心経

  7. 神さまはどこに宿るのか?カタカムナで紐解く

  8. 生き辛さを解消するためのカタカムナからのテクニックとは