カタカムナ占いと般若心経

般若心経はお釈迦様の智慧の教えですが、その中にとても大切なことが書かれています。
それは、色不異空、空不異色、色即是空、空即是色…..という部分です。訳すと、色はすなわちこれ空なり。
空はすなわちこれ色なり。こう書かれていても、私のような凡人には何を言っているのかわかりません。
いろいろな方がこの意味について解釈されていますが、カタカムナ占いでぴったりとくる解釈を発見しました。
それは、この世のすべてのものは実体がないということ。実体がないから消えていくのです。それでは、
なぜ消えていくのでしょうか?それは実体がないからです。でも、実体がないから形がないのか?と言えば、
そうではありません。実体がないものだからこそ、形、現象となって現れているのです。
そして形として現れているのだけれど、実体がないからこそ、また消えていくのです。
これは要するに見える世界と、見えない世界の両極を言い表しているのではないでしょうか。
普段私たちは、お金や肉体的な快楽、所有物など目に見えるものに心を向けているけれど、
それらはやがて消えていくものだと言っていて、消えゆくものを追い求めていることが、煩悩..苦しみの原因で
あるといっているのではないでしょうか。カタカムナもこの見える世界と見えない世界と言うものに焦点を当て
ています。たとえば名前という文字、形あるものの裏側には、見えない響き、波動が存在しています。
そして名前の裏側にある見えない世界にあるものが、私たち物質界で経験する現象、人生を決めているといえる
のです。ものの裏側に確かにある形のないものを見ることでよりよく生きるための知恵を、会得することができ
るのですね。



BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. コトダマで読む認知症

  2. 2月はあっという間に過ぎていく・・

  3. カタカムナ占いで判ること

  4. 開運とは・・カタカムナでひも解く

  5. 病は気から…カタカムナで読む気と病の関係

  6. コトダマで使命を知る・カタカムナ占い

  7. 生き辛さを解消するためのカタカムナからのテクニックとは

  8. 蓮の花のコトダマ