認知症・・コトダマでひも解く

「ボケ」という言葉は差別用語だからと、誰が言い始めたのでしょう・・
認知症という病名にすり変えられてしまったのは、ホント残念・・

本来、ボケというのを漢字にすると「歩危」と書きます。
四国のお遍路でも大歩危・小歩危という地名があります。

おそらく、歩くのが危険な場所だから付けた名称なのでしょう。

歩危というのは字の通り、歩くことが危い。という意味にほかなりません。
失礼な言葉ではないのです。
ですから、正しく歩けるのであれば、わたし達は皆ボケていないと解釈できるのですね。

心と身体はいつも連動しているので、歩けば、頭もしっかりし、歩かないと頭はぼんやりして
しますよ。というメッセージが込められている優しい気遣いが込められたコトダマなのです。

最近は若年認知症の方も多くなっているそうです。良く歩き、良くからだを動かすことが一番良い薬になります。
足には、いろいろなツボも集まっていますし、指先の筋力をつけると、つまづいたり、転びにくくもな
ります。

歳を重ねるたびに、ますます意識的に足腰を使いましょう。と、ボケという言葉で
伝えてくれていたのですね。 

※文章コピー転載等ご遠慮ください。


カタカムナ占いのページへ>>



BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. 悟りって何だろう..

  2. カタカムナで「後悔」を紐解く

  3. 2月はあっという間に過ぎていく・・

  4. 蓮の花のコトダマ

  5. 足から始める健康法

  6. 日本語のヒミツ

  7. コトダマで読む認知症

  8. 病は気から…カタカムナで読む気と病の関係