蓮の花のコトダマ

お釈迦さまの経典の中に蓮のお話がありますよね。
どんな汚水を浴びようとも、それをはじき飛ばし、強い花をさかせる蓮子の花。
お釈迦さまは、蓮の成長を、人間の成長に照らし合せ、考えていたのでしょう。
ハス。
ハは、
膨張することを意味し、
スは、純粋を表します。

つまり、ハスという言葉は、膨らんで純粋さへと進化する。と、読みとくことができ、
まさに悟りへの旅を表しているようです。
蓮子の池の水のように濁っていて、ドロドロした環境をくぐり抜けた先に、成長の花を咲かすことが
できるのだよ、と言うお話が、ハスというたった二文字の響きにその教えが込められていました。
悲しみ、苦しみ、挫折や失敗をくぐり抜けた先に、悟りへと至ることができるということなのでしょう。
そう考えれば、嫌だと思っていた人生のマイナス経験は案外、とてもすばらしいことなのかも知れません。

今日見つけた蓮子の花。



BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. ウィルス感染予防をカタカムナで紐解く

  2. 認知症・・コトダマでひも解く

  3. カタカムナで「後悔」を紐解く

  4. 癌をカタカムナで読む・・

  5. 2019年亥年はどんな年?

  6. 胃腸をいたわるコトダマ食事法

  7. 神さまはどこに宿るのか?カタカムナで紐解く

  8. 日本語のヒミツ