病気の功徳

ある難病を患った男性とお話していて、私が思ったことをお話します。
それは、病気になることを恐れているのなら、まずは、病気になってみることです。
そんなことを言えば、ずっといつも元気で健康でいたいのに、なんで病気にならなくちゃいけないの!?
と、驚かれるかも知れません。
でも、あなたが病気になったらまず、いろいろな専門家と会い、処方された薬を頂いたり、アドバイスを
もらったりするでしょう。
自分の病気が治るためなら、どんな遠い場所へも出向いて行くはずです。自分自身でも、ビタミン剤とか、
薬草の勉強をし始めるかも知れませんね。すでに病気する前よりも、いろいろな知識を持ち始めます。
あるいは、あらゆる健康法を実践し始めるでしょう。病気になって初めて、運動不足だったことに気がついた
り、寝不足だったことに気がついたり、いつもイライラしていて、食事に対してもムチャクチャだった自分に
気がついたりするでしょう。他人の存在の有り難さにも気がつくかも知れません。

健康な時だったら、なにも気がつかないような些細な事に気がつくのですね。
病気になりたいという人はいませんが、違う側面から見れば病気はありがたい意図を持っています。

そもそも病気は自分が作り出すもので、外側からやって来るものでは有りませんし、神様があなたに罰を与えた
訳でもないです。それは、わたし達の内側から始まります。

だから、病気は気づきの絶好のチャンスだと思うのです。病気で苦しんでいるとき、自分の身体の60兆の細胞
達が一緒になってあなたを応援しています。見えない世界からの援助もあります。でも、その病気から逃げよう
としたり、あいつのせいでとか、人を恨んだり、なかなか病気になったことを受け入れられなくて、怒り続けた
り、将来を悲観して自殺しようと考えたり自分を責め続けていると、治す力が弱くなってしまいます。

病気はそんな時、少し立ち止まって、わたしの声を聞いてくださいと訴えています。
あなたの病気は時が来たら変化し良くなります。もうメッセージは必要ないくらい学習したからです。
葛藤の苦しみを乗り越えた先に待っているのは、新しくバーションアップした自分なのです。



BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. 花粉症対策

  2. モリンガティー

  3. 高野山とカプチーノ

  4. 今年のストロベリーフルムーンと猫

  5. 今日ふと思ったこと

  6. 病気は最悪なこと?

  7. 2020年

  8. 2021年元旦のメッセージ