パワーストーンで身を守る簡単な方法

せわしなく過ぎて行く毎日、ストレスを感じる事はありませんか。
たとえば通勤電車の中で、人があなたの体に少し触れただけでイラっとすることとか、
ヒトの愚痴をさんざん聞かされたあと、気分がスッカリ落ち込んでしまったことや、
過去に起こったことを想いだして今だに腹を立てたり、悲しんだりする事はありませんか?などなど..
これらは私たち誰もが持っている、ストレスが過剰になっているときの感情ではないでしょうか。
ムカつくときというのは、実際に胃のあたりのエネルギーが滞っている状態で、
臓器のエネルギーと感情エネルギーが共鳴して、現実に胃がムカムカしたり、食欲不振や胃潰瘍になったり
します。また言いたいことを抑えていると、喉のあたりのエネルギーが滞ってしまい、扁桃腺や甲状腺の問題が
でてくることもあるのです。
それは、私たちのカラダは、負の感情エネルギーが蓄積されると、やがて病気になっていくようにプログラムされているからです。
伝統医学では、エネルギーシステム「経絡」を通って気が流れているといい、感情による情報は人間の気を
整えて健康にしたり、病気を作ると古くから伝えられています。
なにかに苛立ったら、なんか苛立ってるなぁ..わたしって、そんな自分を許すのです。
すると、楽観的かつ客観的に考えることができるのですが..
私たちはつい自覚なしに怒ったり、嫉妬したり、自分にも文句を言ったりして、その思いの中にとらわれて
しまいます。
他人や自分に向けられた攻撃で自爆してしまう…私たちはそんな悲しいサガを持っているのです。
長年抱えているストレスは、持ち続けないで、ときどき上手に外に出さないといけないのですね。

そんなときはクリスタルが鬱滞したエネルギーを浄化してくれます。
負のエネルギー( 陽イオンとも呼ばれる) を体外に排出してくれるのです。
因みに、私たち現代人は、今の医学が最先端だと思っていますが、古代人はすでに感情の持つ作用に着目した
治療法を確立していたのです。怪しげで、あまりなじみのないクリスタルヒーリングですが、実は古い歴史を
持っていて、私たちの祖先である古代人は石たちを超越的な存在や神と結びつけていたのです。
さて、クリスタルを日常で使う方法はいろいろありますが、スモーキークオーツや、ラブラドール、オニキス、
タンザナイト、ソーダライト、ヘマタイト、アメジストなどなど、濃い色の石たちは、負のエネルギーを寄せつ
けない作用があり身を守ってくれます。
透明な水晶はカラダのエネルギーを清めて体内の邪気を吸い取ってくれます。よく神社のお守りにも使われてい
ますね。
個人差はありますが、左手首に水晶のブレスレットをつけたり、ポケットの中に入れると効果を発揮します。
石を手に入れるときは、大きさや形など、自分にぴったりくる!とか、これがいい!と思ったものにしましょ
う。(頭で考えないでフィーリングで決めると間違いがありません)

石の値段が高い方がいい、ということはありません。
それから長く使い過ぎた石はいろいろなエネルギーを溜め込んでいますから、日光に当てたり、水で洗ったりして浄化してくださいね。



BOOK カタカムナ占い・アマゾンキンドル

関連記事

  1. 神様がいるんじゃないかナ・・と思う瞬間

  2. 夏至の真っ只中です

  3. 自宅謹慎中です

  4. 2020年

  5. 大掃除中なにげに見つけた天使からの手紙

  6. 気を意識する

  7. 病気は最悪なこと?

  8. フルフラワームーン