自宅謹慎中です

近くの公園まで封鎖され、ちょっと不機嫌になってしまった・・でも人々の自粛の影響でバンコクの大気は過去数十年間でもっともきれいになったそうです。
こんな時間を無駄にしないために、バジルの栽培で気分転換することにしました。
こんな状況で呑気なものだと言われるかもしれませんが・・。人生の尊い時間を暗いニュースに翻弄され、怒りや恐れで過ごしたくありません。辛い経験はさんざんしてきたのでもう充分なのです。
人生いざという時には這いつくばってでも生きられるもの。大丈夫。

ところでバジルは3日で芽がでてきました!

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2136.HEIC


米国の封鎖はもっとひどいらしく、ビーチを歩いた人々に10万円の罰金。
マスクの奪い合いはもちろん、トランプ政策に対する右翼の暴動、感染不安恐怖症…
誰が悪くて間違っているかの言い争いの日々…まるで地獄界。

今ヒーローになれる人というのは、封鎖中のテナントや家賃を免除してくれる大家さん。
ローンの支払い額を大幅に下げてくれる会社なのかな…

わたしにとってのヒーローは、毎朝部屋を明るく照らしてくれる太陽さん。
呼吸をさせくれる酸素、蛇口をひねれば出て来てくれるお水などですね。

生きていくことが辛いと思うときは、空を見上げて深呼吸してみましょう。
しばらくすると、気持ちが落ち着いてきます。
大空に飛ぶ鳥達を眺めていると自然と元気が出て来るのです。

家に居る時間は、自分の内側の世界に入るための絶好のチャンス。
瞑想は恐れや不安などのネガティブなエネルギーを洗い清めてくれます。

関連記事

  1. 自分の夢は変えない

  2. 気を意識する

  3. 秋分と満月

  4. 夏至の真っ只中です

  5. 4月の満月

  6. 今日ふと思ったこと

  7. 2021年元旦のメッセージ

  8. 病気の功徳