老化と知覚能力

私は子供の頃、何か見えないエネルギーに対して敏感だったように思います。
たとえば、親に連れられて神社に参拝に行くと、境内の狛犬、あの威嚇した獅子のような
石像がとても恐くて、すぐにわんわん泣き出していました。
(狛犬には参拝客の邪気を追い払う力があるのでしょう。)
兄弟達は、まったく平気で、狛犬を怖がる私を不思議がっていました。

家の押し入れの中には、古代エジプト人のブロンズ像の顔写真がしまってあって、
その写真が本当に怖くて怖くて、押し入れの前を通るたびに震えていたので、姉に良くからかわれた
のを覚えています。
その写真の人物というのは、エジプトの呪われた権力者だと、ずいぶん後になって知りました。

学校の試験の時などは試験中に、お腹が急に痛くなってしまうのです。
私って、精神的に弱い人間なのかしら・・?と思っていたら、それは、そうではなく、回りの生徒達の
緊張を感じ取ってしまう体質だからだと、後になってからある人が教えてくれました。

幽霊やUFOの目撃体験があり、次元スポットに迷い込でしまった経験もあります。
(これはいつかお話できればと思います)

大人になってからは、整体の仕事をしている時に患者さんの、からだの痛みがどこにあるのかが
分かるので、施術する際にこういった感覚はとても役に立つと思いました。

でもこのような感覚は私だからではなく、本来誰でも持っているものだと思います。

最近、お年寄りが肉体が弱くなるにつれて、他の部分たとえば、嗅覚などが非常に鋭くなると
いったことを発見しました。それは何故かと言いますと、弱くなった機能を補うために、ちがう部分が
変わりに高まるということなのだと思います。
海外に行くと現地の言葉が分からないから、相手のジェスチャーとか表情とかを読み取ろうと
しますよね。そのような感じで、なにかを知るために普段使われていない、いろいろな感性が作動する
といった感じです。

死が近い老人が、自分のとなりにもう亡くなった親戚のおばさんが座っているよ。などと言うときは
周りにいる家族たちは、認知症の幻覚だと言って取り扱わないけれど、私は、おばあさんは肉眼ではない、
違う場所にある視覚を使って、からだを持たない人物を実際に見ているに違いないと思うのです。




BOOK カタカムナ占い』アマゾンキンドル

関連記事

  1. マウイ島でのシンクロニシティ

  2. 渋谷で謎の飛行物体

  3. 数のシンクロ

  4. ブッダを入手

  5. 水晶のパワー